注意点

バストアップサプリで体調が優れないケース

通販や市販で手軽に手に入れることが出来る、バストアップサプリメント。
ですがこのバストアップサプリ、飲み始めてから体調が悪くなったという女性も、実は少なくありません。
サプリを飲んで体調が悪くなったケースは、どのようなケースなのか?
いくつかご紹介していきます。

●妊娠中にサプリを飲んだ
妊娠中のサプリメントの使用は、極力控えるようにしましょう。
多くのサプリメントは、卵胞ホルモンという女性ホルモンが含まれているのに対し…
妊娠中の女性の体内は、排卵ホルモンという女性ホルモンに溢れています。
この絶妙なホルモンバランスで赤ちゃんを守っているのですが…
サプリを飲むことでホルモンバランスが崩れ、体調を崩しやすくなってしまうのです。
場合によっては、サプリメントを飲むことで流産をしてしまう恐れもあります

●成分にアレルギー反応を起こしている
サプリに含まれている成分の中には、人によってアレルギー反応を起こす可能性がある物もあります。
国産の物は自然由来の成分が使われていることが多いので…
予め確認をしておかないと、アレルギー反応を起こす食物を口にしてしまう可能性があります。
パッケージにかかれている成分は、何から抽出されているのか?
可能であれば販売会社に問い合わせ、服用前に確認をするようにしましょう。

●アルコールと一緒に飲んだ、アルコールを飲んだ後に飲んだ
バストアップサプリとアルコールは、“混ぜるな危険”と言っても過言ではありません。
サプリに含まれている女性ホルモンには、肝臓の働きを弱める効果がありますので…
その状態でアルコールを摂取してしまうと、アルコールが分解できずに体調不良を起こすことがあります。
その状態が毎日続くと、肝臓に甚大なダメージを与えてしまう可能性も…
アルコールを飲んだ当日はもちろん、アルコールを飲む前にもサプリの摂取は控えましょう。
バストアップサプリを飲む際には、これらのケースに当てはまらない様に気を付けて…
上手に服用するように心がけましょう!